会社沿革

▲沖縄本島と平安座島を結ぶ「海中道路」
会社沿革

1967年
(昭和42年)
米国GULF社が宮城島、平安座島、伊計島の島々を中心に石油製品貯蔵基地建設の為の測量を
開始する。
1968年
(昭和43年)
1月:琉球政府(当時)が基地建設を認可する。
   GATI(GULF ASIAN TERMINALS INC.)が設立される。
5月:GULF社は立地を平安座島に決定し、同島の2/3(64万坪)を借地する。
1969年
(昭和44年)
1月:タンク建設工事が着工する。
9月:シーバース建設工事が着工する。
1970年
(昭和45年)
1月:ガルフ石油精製(株)が設立される。
5月:原油タンク6基及びシーバースが完成する。
   第1船が入船し、操業を開始する。
12月:製油所建設工事が着工する。
1971年
(昭和46年)
6月:海中道路(全長4.8km)が開通し、平安座島が沖縄本島と接続される。
9月:原油タンク6基が完成し、12基体制となる。
1972年
(昭和47年)
5月:製油所が竣工する。
 同15日:沖縄が返還される。(本土復帰)
6月:沖縄石油精製(株)が設立される。
11月:沖縄ターミナル(株)を設立する。
    (出資比率:GATI 50%、共同石油(株) 50%)
1975年
(昭和50年)
7月:外資撤退に伴い、沖縄石油精製(株)50%、共同石油(株)25%、
   共同ターミナル(株)25%となる。
1980年
(昭和55年)
11月:原油タンク5基の増設が完成する
12月:洋上備蓄の受入を行う。
1990年
(平成2年)
8月:バラストタンク1基を原油タンクへ転用する。
  (現在の原油タンク18基、174万KL体制となる)
2000年
(平成12年)
7月:本社(東京)と沖縄基地を統合し、本社を沖縄(現在地)へ移転する。
2002年
(平成14年)
11月:ISO14001(環境マネジメントシステム)認証を取得する。
2004年
(平成16年)
3月:沖縄石油精製(株)製油所閉鎖に伴い、備蓄基地に特化する。
  (沖縄石油精製(株)は沖縄石油(株)へ名称変更)
2009年
(平成21年)
4月:沖縄石油(株)の統合(現 沖縄出光(株))に伴い、株主が出光興産(株)となる。
  (出光興産(株):50%、(株)ジャパンエナジー:25%、共同ターミナル(株)25%)
2010年
(平成22年)
7月:(株)ジャパンエナジーと新日本石油(株)の合併に伴い、株主がJX日鉱日石エネルギー(株)
   となる。
  (出光興産(株):50%、JX日鉱日石エネルギー(株):25%、共同ターミナル(株)25%)
2012年
(平成24年)
11月:創立40周年を迎えた。
(2014年4月1日現在)