設備概要

主要設備
敷地面積 約1,219,400平方メートル(約37万坪)
タンク設備
原油タンク(浮屋根式)  99,600kL  12基
102,700kL   4基
79,490kL   1基
62,300kL   1基
合計: 1,747,790kL  18基
シーバース ※沖合2.7km海上に設置 全長約500m
 №1バース 500,000D.W.T
 №2バース 150,000D.W.T(使用停止中)
 ローディングアーム 16B 4本
配管設備 陸上原油配管 48B・42B 各1本
海底原油配管 42B・30B 各1本
荷役ポンプ設備 原油荷役用ブースターポンプ 4,000kl/h  3基
駆動用ディーゼルエンジン    1,350hp  3基
消防艇
(タグボート兼用)
2隻


≪設備紹介≫

浮屋根式原油貯蔵タンク
●原油を貯蔵するタンクです。
「浮屋根式」と呼ばれ原油液面上に屋根が浮かぶ構造で、在庫量に合わせて上下します。

シーバース
●平安座島の沖合約2.7kmの海上に設置されており、全長500mを超える巨大な海上設備です。

原油配管
●配管は48インチ(直径約1.2m)と42インチ
(直径約1m)があり、構内の各タンクを結んでいます。

中央制御室(CCD)
●陸海上の各種設備はこの中央制御室の計器類で監視・制御されています。ここが沖縄ターミナルの心臓部です。

シーバースへ着桟中のタンカー
●シーバースへ着桟したタンカーは係留され、ローディングアームに接続されたのち原油の受払を行います。

ローディングアーム(シーバース)
●タンカーと原油配管はこのローディングアームにて接続されます。

原油荷役用ブースターポンプ
●タンクが高所にあるため、ブースターポンプを利用してタンクまで原油を移送します。
また、低所にあるタンクからの出荷ポンプとしても使用します。

消防艇(タグボート兼用)
●海上での事故・災害に備えて消防艇を用船しています。通常時はタグボートとしてタンカーの着離桟を補助します。

構内図